broncomaniacのブログ版

Broncos ドラフトトップQBスカウトしまくり

Broncosは今年のドラフトでQB2番手評価のDrake Mayeのプロデイに
GM George Paton
Asst. GM Darren Mougey
OC Joe Lombardi
QB coach Davis Webb
Senior asst. Pete Carmichael 
DL coach Jamar Cain
を送り込んだ。 Jamar Cainは2022年にLSUでDLコーチ。Broncosには2023年に入団している。LSUの守備ラインスカウト目的とみられる。
3番手評価のJayden Danielsのプロデイには
HC Sean Payton
QB coach Davis Webbの参加が確認。。プロデイ翌日にはプライベートワークアウトを行ったという。
4番手評価のJJ McCarthyにはPaytonヘッドがプロデイの翌日にプライベートワークアウトセッション、インタビューセッションで話をしたとオーナー会議で話していた。
またトレードアップせずに、トレードダウンでもBroncosが指名出来るQBではMichael Penix JrのプロデイにはGM George Paton、QB coach Davis Webbらの姿が確認。
本気でトレードアップする作戦か、他チーム牽制のスモークスクリーンか。
  1. 2024/03/30(土) 00:36:27|
  2. 未分類

FA WR Reynoldsと契約合意

BroncosはDetroit LionsからFAとなっていたFAのWR Josh Reynoldsと2年14ミリオンで契約合意。Clevelandにトレード放出したWR Jerry Jeudyの代わりに先発アウトサイドとして期待される。2017年のLA Ramsのドラフト4順。Texas A&M出身。ベストシーズンは2020年のRams時代の52キャッチ618ヤード。2023年シーズンは40キャッチで608ヤード。5つのTD。サイズがあり6-3に200パウンド。ランブロッキングにおいては適当なJeudyとは違い、信頼出来る。2023年シーズンはProFootballFocusのランブロッキンググレードで70評価。Detも再契約に前向きだった。
Jeudyがもしトレードで放出されていない場合は、2024年はドラフト1順の5年目オプションのサラリー13ミリオンでプレイする予定だった。2年14ミリオンでおよそ半額。おそらくキャップががら空きの来年2年目のサラリーが多くなる契約とみられ、2024年シーズンのサラリーはかなりお買い得サラリーと思われる。
BroncosはエースCourtland Suttonがトップ。Marvi Mimms、そしてReynoldsが2番手、3番手か。Tim Patrickもいるが過去2シーズン連続でシーズンアウトの怪我を負っている。ほかLil'Jordan Humphrey、Brandon Johnson、Phillip Dorsettらがいる。
SuttonはもしBroncosがドラフトでトレード順を上げる場合、見返りに含まれるのでは?との予想もありそうなるとReynoldsの役割は大きくなる。

45年間Broncosでトレーナーを務めたSteve "Greek" Antonopulos、元BroncosのWRで長らくNFLでコーチを務めたLionel Taylorの2人がNFLの殿堂によりAwards of Excellenceに選出された。今年が3年目の新設の賞で、NFLでの貢献を称える賞。
Greekは2021年に引退。Broncosの8回のスーパーボウルを全てチームスタッフとして参加した唯一のスタッフ。
Taylorは1960~1966年にBroncosでプレイ。Broncos球団にとって最初のスーパーWR。5度のオールAFL、Broncosの殿堂入り選手。引退後はNFL、大学、カナディアンフットボールなどで28年間WRコーチ、ヘッドコーチなどを務めた。NFLでは攻撃Cが最高ポジション。

Broncosは今年のドラフトQBトップ3のLSUのJayden Danielsのプロデイに関係者を送り込んでいる。Sean PaytonはQBトップクラスのプロデイにはすべてスカウト、コーチを送り込むという趣旨の話をしている。QBトップ3を指名するにはとんでもない代償の見返りを放出しトレードアップしなければ厳しい。相手チームへの牽制か、本当にトレードアップを検討してトップ3どりに行くのか。

  1. 2024/03/28(木) 23:49:28|
  2. 未分類

BroncosがNO化、NOがBroncos化

Minnesota Vikingsは2024年はドラフト11番目の指名権を持つ。Broncos同様にトレードアップしてQBを指名するのではと予想されている。
MinnのKevin O’ConnellヘッドはBroncosの動きをモニターしていると話している。
「Sean PaytonヘッドやGerge Paton GMはとても選手評価が長けている。我々が探している選手、評価している選手にはきっと彼らも同じ評価を出しているだろう。どのポジションでも新しい戦力を得るには競争に勝たないといけない。まずは自分達の選手評価。そしてドラフトでは我々の前にいる球団、後ろにいる球団の動きを見ないといけない」とO’Connell。

Kyle Shanahanがヘッド、John LynchがGMのSFになんとなくBroncosルーツを感じるBroncosファン。
近年のBroncosといえば、Sean PaytonがNOを辞めて1年空けてBroncosへ。その後NOからコーチや裏方をばかすか引き抜き、NOルーツのチームに。かと思えばNOのほうは攻撃CがKlint Kubiak。TEコーチがClancy Bone、シニア攻撃アシスタントにRick DennisonとなんとなくBroncossテイストになっている。ついでにDennis AllenヘッドもBroncos守備Cだったことも。Tim Tebow時代、Josh McDanielsがヘッドだった2011年にBroncos守備C。翌年Oakland Raidersにヘッドとして移籍した。
AllenヘッドはTexas A&M出身で1992年~1995年にセーフティーをプレイしていた。KlintのパパGary Kubiakは1992年~1993年の2シーズンTexas A&MでRBコーチを務めていた。
AllenはこのオフにKubak息子やDennisonらのウエストコーストを導入したことに関して
「ヴァリエーションがあるけどあのオフェンスはこのリーグで素晴らしい成功を収めている、それもかなり長い期間にわたってだ。我々にも使えると考えたし、我々にはあのシステムに合う、フィットする選手がいるからね。Kubiak一家は少なくとも90年代初頭から知っているんだ。大学時代からね。それにGaryがTexas A&Mでプレイしていた時も僕は見ていたからね。子供の頃からTexas A&Mのファンだったから」 と話している。





  1. 2024/03/27(水) 23:28:59|
  2. 未分類

NEWユニ発表近し他

Broncos公式がXで新しいユニフォームの公開近しと思われる予告を投稿。
COMING SOONという短い動画をアップしている。
球団社長Mike Leachによると、色の変更はなし、ロゴは同じデザインだという。
つまりブルー&オレンジの二色が基調で、現在の馬のロゴはそのまま。
来月に発表されるとみられている。

オーナー会議がフロリダ州オーランドでスタート。
Sean Paytonヘッドが朝食会での記者会見でお話。
Broncosを解雇されPittsへ移籍したQB Russell Wilsonには一応エールを。
「Russには良いチャンス。プレイオフチームだし、QBの変化を求めているチームだしね」とPaytonヘッド。Broncosは新しいQBで2024年を戦う。
得点力を上げるには
「第一にまずサックを減らさないといけない。昨年はとにかくサックが痛すぎた」とPaytonヘッド。
現在ドラフト全体12番目の指名権を持つBroncos。トレードアップに関しては
「現実的にはありえる話だ。予想するのは難しいが現在はありえないとは言えない」とPaytonヘッド。 BroncosがトレードアップしてQBを指名するなら、と予想されるJ.J. McCarthyのプロデイにはPaytonヘッドは不参加だったが翌日にプライベートワークアウトで4時間ほどMcCarthyと過ごしたという。
また自軍のQB Jarrett Stidhamも高く評価。2024年シーズンの先発候補とし、まだ成長過程でありさらなる能力アップが見込めるとPaytonヘッド。
今年オフにNOから引き抜いたパーソナル部門部長のCody Ragerの加入はドラフトでは大きくなる。
「彼は特に大学ドラフト選手の評価に関してはNew Orelansではベストの人間だった」とPaytonヘッド。


  1. 2024/03/26(火) 02:09:06|
  2. 未分類

控えT Peart契約合意

Broncosは控えT Matt Peartと1年契約。
2020年のNY Giantsのドラフト3順指名選手。43試合に出場、うち先発は7試合。この4年控えトップ格だったCam Flemingの代わりとなる見込み。Broncosの先発TはGarrett BollesとMike McGlinchey。Bollesは2024年に契約が切れる。今年が2年目になるAlex Palczewski とDemontrey Jacobsには期待が高いものの2人ともまだNFLプレイ経験がなし。ほかベテランではジャンボパッケージでエクストラブロッカー要員のQuinn Bailey、フューチャー契約のWilliam Shermanがいる。



  1. 2024/03/22(金) 00:21:50|
  2. 未分類

Paytonヘッド 説得上手でStrnad残留

BroncosからFAとなっていたLB Justin Strnad。Carolina Panthersと契約合意、のニュースからまたも一転、Broncosと1年契約で合意と報道。K Will Lutz同様他球団との契約に気持ちが傾いたもののやっぱりBroncos残留。Paytonヘッドの最終説得が協力なのかBroncosと再契約のK Will LutzもJax契約合意からBroncos残留。TE Adam Trautmanも他球団との契約合意寸前でPaytonヘッドに説得されたという。
StrnadはBroncosの2020年のドラフト5順。ほとんど守備ではプレイしていないがスペシャルチームではスタンドアウト。もしかすると今年は守備機会も与えるという提示がBroncosからあったのかもしれない。少なくとも先発ILBだったJosey Jewellが退団。Strnadにも先発争いのチャンスがあっても不思議はない。
袖を振られたCarolinaは元Broncosの守備CだったEjiro Everoが守備C。またこのオフ、JewellがFA移籍している。

BroncosからCleveland Bronwsへトレード移籍したWR Jerry Jeudy。なんと3年41ミリオン保証の最大58ミリオンの延長契約。
  1. 2024/03/21(木) 01:25:46|
  2. 未分類

Broncos QB獲得に動かず

ChicagoがQB Justin FieldsをPittsのトレード放出。Broncosは今オフ、QB補強にまったく動いておらず、Fieldsは数少ない残る獲得候補予想の選手だった。
PittsにはBroncosをカットされたRussell Wilsonが在籍。PittsはWilsonに1.21ミリオン。Fieldsには3.233ミリオンを今季支払う。
もし今後ドラフト以外でQBを補強する場合。トレードではNY JのZach Wilson。DallasのTrey Lance、TennのMalik Willis、NOのTaysom Hillも別の使い方含め一応あるかもしれない。FAではRyan Tannehill、Josh Dobbs、そして元BroncosでPaytonヘッドのNOで控えQBもつとめたTrevor Siemianらがいる。

  1. 2024/03/19(火) 00:02:07|
  2. 未分類

先発ILB Barton契約

先発ILB Josey JewellがFA流出。Broncosは代わりとなる先発ILB Cody Bartonと1年3.5ミリオンで契約。最大4ミリオン。2023年がBroncosとの契約最終イヤーだったJewellの2023年は4.5ミリオンの基本給、キャップヒット7.2ミリオンだった。Jewellは先頃Carolinaと3年約23ミリオンで契約。とうことでBroncosはJewellの代わりの先発をおよそ半額で手に入れたことになる。
Bartonはユタ大から2019年にSeattleのドラフト3順でNFL入り。2022年に先発に。136タックルを記録。2023年はFAでWashaingtonと1年3.5ミリオンで契約。怪我で4試合欠場も121タックルを記録したタックリングマシーン。ただXを見てみると、タックルが多いだけのミスタックルマシーン、遅い、密集で相手守備をさばけない、とSingleton&JewellとSingleton&Bartonを比較してもどっちかというとダウングレードなんじゃないか、との声が多い。Broncosはラン守備が弱く、TEのカバーが出来ず、と中央が弱点とされている。Broncosもあまり期待していないのか1年契約。もしかしてJonathan Griffinと先発争いなのか。またこの契約で2年目のDrew Sandersのプレイ位置に注目が。新人の昨年はSandersはILBで、というコーチ陣の発言の中、試合ではローテーションのエッジラッシャーとしてプレイしていた。Jewellが抜けたことでSandersが先発候補では、との予想もあったが過去2年NFLで先発を務めているBartonとの契約。SandersはILBなのかOLBなのか。
新契約のBartonは高校もユタ、大学もユタ。モルモン教徒の州で知られている。コロラド州の西どなりの州でその東南にはラスベガス。一般的にBroncosファンが多いBroncos州として知られている。Bartonは子供の頃はRBでプレイし、LaDainian TomlinsonがあこがれのNFL選手だったという。Jewellも二丁拳銃バンバンポーズやったり西部劇キャラだったがBartonも好きな音楽はカントリー、好きなテレビドラマはケビンコスナーの西部劇イエローストーン。ユタは西部劇の撮影地でも有名。イエローストーンもユタで撮影されている。

Broncos、未だFAやトレードでQB獲得なし。このオフ、獲得出来そうなQBは、トレードでChicagoのJustin Fields、NY JettsのZach Wilson、FAのRyan Tannehillくらいしか残っていない。あまりの動きのなさに、Broncosは欲しいQBをすでに評価済み。きっとプランにのっとって、欲しいQBを獲得するプランがあるはずとファンはやきもき。全体12番目の指名順を持つBroncos。そもそもPaytonヘッドは今季豊富なQBの中で、1順指名予想のQBを欲しているのか、2順以下で狙いを持っている選手がいるのか。そもそもQB StidhamがPaytonの2024年のトップ評価になっているのかもしれない。1順候補のQBは多くいても、Paytonが欲しい選手でないなら意味はない。そうならドラフトではトレードダウンに継ぐトレードダウンで今年、来年の指名権をばかすか増やし、キャップ枠が100ミリオン以上空きが見込まれる2025年のオフに大攻勢をかけるプランなのか。
現地のモックだと全体4番目までトレードアップしてQB Drake Maye指名予想から
トレードダウンを繰り返し、1順指名なし、2順まで下がり全体34番目でQB Michael Penix指名まで様々。

NFL Networkで4月27日からArena Football Leagueの放送が始まるらしい。
また4月6日から始まるOvertime7という7人対7人の高校生のフラッグフットボールの試合も放送。

  1. 2024/03/16(土) 23:57:35|
  2. 未分類

QB Wilsonをデッド53m32mで解雇 1年後Broncosは嵐を巻き起こす

米東部時間3月13日午後4時、NFLの2024年シーズンが正式にスタート。
2023年までBroncosの契約下だった選手は正式に元Broncosの選手に。そして2024年シーズンキックオフを持って解雇と伝えられていたQB Russell Wilsonも6月1日以降解雇扱いにて解雇された。Broncosにトレード移籍で入団した2年前。高い期待もあっという間にしぼみ、さらに退団したものの今後2シーズン、とんでもないデッドキャップにBroncosは悩むことに。6月1日以降解雇扱いのためデッドキャップ85ミリオンは2年間に分割される。FA戦線でほぼ動かずゆえもしかしてと予想されていた通り、バックロードではなくフロントロード、2024年に重く、2025年に軽くした。
2024年デッド35ミリオン&2025年デッド50ミリオンを選択せず、2024年デッド53ミリオン&2025年デッド32ミリオンを選択。
これによりBroncosのキャップスペースは18ミリオン重くのしかかったことでOver the Capによると約27ミリオンのキャップの空きとなった。ドラフト選手の契約で13ミリオンほど消えるので残りの空きは14ミリオンほどか。
現地メディアのMike Klisは情報筋からの情報として、Broncosは2024年のためではなく2024年と2025年シーズンのために、という考えでの決断だったという。また現地月曜に始まった合法タンパリング、実質FA開始の前にはすでに決定は下されていたという。
2024年シーズンの今季に53ミリオンのデットにした理由は、まず2020年ドラフト組の外れということがある。ドラ1のWR Jeudyは5年目オプションを行使したもののFA前にトレード放出。ドラフト時の契約が切れたC CushenberryはFA流出。2020年ドラフト組は全員退団となった。延長契約する選手が一人もいないという失敗ドラフトに。
2021年ドラフト組は2024年シーズンでドラフト時の4年契約が切れる。ドラ1のPat Surtain、3 順のG Meinerzには来季オフに巨額な延長契約が見込まれる。ほか大型ではないもののBaron Browning、Jonathan Cooper、Javonte Williamsら先発クラスもFAになる。
また2021年新人組だけでなく、ほかベテラン組も大量にFAになる。先発クラスではLT Garrett Bolles、DJ Jones。WRではTim Patrick。トレードの噂があるWR Suttonも契約は2025年シーズンまであるがそこまで在籍しているのか微妙。Xでは真偽不明も2024年シーズン終わりで26人しか選契約下にる選手がいなくなるという書き込みも。人数はともかく来年オフには大量の選手の補充が必要になる。
その一方で大量に契約切れのためキャップスペースはとんでもない額になる。地元メディアMike Klisによると100ミリオンぐらいの空きに。地元メディアAndrew Masonはキャップ枠の上がり具合を上に見積もると120ミリオンものキャップの空きになるかもしれないと伝えている。
1年後の今頃、Broncosはオフの主役になっているかもしれない。 

2024年はRussell Wilsonだけで53ミリオンのデッド。全部合わせると67ミリオンのデッドキャップ
Russell WIlson: $53,000,000
Randy Gregory: $7,124,445
Justin Simmons: $3,750,000
Brandon McManus: $1,231,250
Frank Clark: $1,125,000
Chris Manhertz: $625,000
Montrell Washington: $157,09

  1. 2024/03/14(木) 15:48:52|
  2. 未分類

WR Humphrey再契約

Broncosは自軍よりFAとなっていたWR Lil’Jordan Humphreyと1年の再契約。
元NOのPaytonヘッド人事。キッカーLutzやTE TrautmanとPaytonヘッドのNO人事選手は皆再契約。2023年はWRとしては13レシーブ162ヤードだったが230パウンドの大型WRでランブロックの貢献が高い選手。Paytonヘッドがやりたオフェンスが出来れば数字はもっとアップすると期待される。Humphreyによると他の数チームとも話はしていたがBroncosとPaytonヘッドを選んだという。昨年はLA Chargers戦の54yのレシーブ&ランのロングTDがハイライトだった。
「再契約したかったんだ。球団がそのチャンスをくれたkらね」と契約合意の Humphrey。4月で26才と若い選手。


  1. 2024/03/14(木) 02:58:04|
  2. 未分類
次のページ

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2288)