broncomaniacのブログ版

20.09.30 Rypien先発

2015年シーズンをもって引退したPeyton Manning以降ついに9人目の先発QBでNY Jets戦に挑むBroncos。もちろん9人という数字はこの期間NFL最多。
昨年のドラフト外新人FA選手のBrett RypienがJets戦で先発することがFangioヘッドにより明らかに。裏の話しとして、Rypienは元Washington RedskinsのエースQB Mark Rypienの甥っ子で、FangioヘッドはしばしBrettのことをMarkと呼んでいることも明らかに。Fangioヘッドは会見で突然
「Mark、Brettのことだけど、Markのことを知ってるから彼のこともたまにMarkって呼ぶんだよ」とFangio。
Brett RypienはTampa戦でパスラッシュで苦しむ先発QB Driskelの後を受け登場。8連続パスを通した。ラストのTD狙いのパスこそリードミスでインターセプトを受けたが、それまでのプレイは明らかにDriskelを上回っていた。
Driskelがパスラッシュなしの状況では良いパスを通すものの、パスラッシュで守備が迫るとまったくターゲットを決められ中、Rypienは投げた9つのパスはスナップから投げるまで1秒台2回、2秒台前半が5回、2秒台後半が2回とTom Brady並の早撃ちぶりだった。
RypienはBoise Stateで4年間先発。高校でも4年間先発。レベルは違えどすでに8年間のフルシーズン先発経験を持っている。身体敵能力がNFLには足りていないという評価も多い。
「自分を信じていない人にはとくに関心がない。自分が自分を信じてくれる人にしか感心はない。信じてくれない人には関心があったとしても出来ることはない。自分は長い間このポジションでプレイしている。高校で4年、大学で4年。多くの試合を経験し多くの守備を経験している。自分の守備を読む能力、パスを早く投げることが出来る能力はその経験から来ているのだと思う」とRypien。
Shurmur攻撃Cは
「彼の素早い判断力と早いタイミングでのパスは非常に重要なこと。今週のプランでも彼は素晴らしいアイデアを持っている。彼は自分が待っているものを知っている。もし彼が自分が待っているものを見ればすぐの彼はすぐにその引き金を引くだろう」と話している。

Broncosは今週のプラクティススクワッド選手のプロテクト4選手を発表。
OT Jake Rodgers、DL Deyon Sizer、CB Kevin Toliver、LB Josh Watson。
RT WilkinsonがアウトのためRodgers、DL Juel CaseyがアウトのためSizkerの二人が当日ロースター昇格すると予想される。

スポンサード・リンク

  1. 2020/09/30(水) 22:12:57|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2289)