broncomaniacのブログ版

20.12.05 Lindsay、Jeudy、Reed出場へ

KC戦の出場ステイタス。
クエスチョナブルが膝のPhillip Lindsay、すねのOLB Malik Reed、足首のWR Jerry Jeudy。3人とも金曜の練習はフル参加。クエスチョナブル発表ながら今後怪我の状態の悪化がなければ出場へ。
コロナ陽性で5試合欠場のDL Shelby Harrisも出場へ。ただしFangioヘッドによると限られたスナップでの出場。1ヶ月以上の欠場ゆえ、体力の回復とプレイの錆びを落とすことが必要。また同じくコロナ感染で1ヶ月以上現場復帰していないEd Donatell守備CがKC戦で久しぶりにチーム帯同するかもしれない。まだ決定はしていないがFangioヘッドによると現地土曜日にどうするか決定するという。

Vic Fangio、解雇危機?との憶測が出始めているがDenver地元局のTroy Renckは複数情報筋と話して、そのような話しは球団内部にはなく、Elway GMやEllis CEOとも強い繋がりがFangioにはある、とホットシート説を否定している。
Fangioヘッドは今年が4年契約の2年目。

先週のNO戦。先発QB Lock、控えRypien、プラクティススクワッドのBortlesと3人がコロナ感染のQB Driskelの濃厚接触者となり試合に出られなかった。チームのQB4人がコロナリスト入り。WR HintonがQBでプレイすることになった。
Lock、Rypien、Bortles、Driskelの4人はNO戦の準備週の火曜日のオフに集まりビデオスタディを行ったがその後Driskelがコロナテストで陽性。木曜のコロナリスト入り。ビデオスタディでマスクを外して会話をした残り3人は濃厚接触者とされコロナリストへ。
Broncosは土曜日のNO戦に向けた最後の練習の15分前にLock、RypienがDriskelと濃厚接触に当たると伝えられた。しかしBortlesに関しては席を離れて座っていたためその時点ではBortlesが濃厚接触者にあたるかは明らかにされていなかったという。
Bortlesは
「コロナという状況ではあったが、自分が先発することになるかもしれない、と伝えられたときはチャンスに興奮してしまったよ。僕が皆とはかなり距離を取っていたのでチャンスがあると思ったのだが結局自分も濃厚接触者と判断されてしまった」と現地金曜の電話インタビューで話している。
しかし午後3時15分。BroncosはQB全員試合には出られないと伝えられたという。
「これは明らかに我々の責任だ。レッドフラッグだよ。我々のミスだ。でも本当に不幸なだったともいえる。ずっとQBグループはコロナ対策をちゃんとしてマスクもいつもしていたのに。その時、マスクを降ろし、戻さないまま会話をしてしまったんだ」とBortles。
Bortlesは今週は他のQBとは別行動をとっている。Broncosは先発Lock、控えRypienが施設で他の選手と共に練習を行っているがBortlesは他の選手との接触は出来るだけ避けている。現地金曜のBortlesは練習を終え、ほとんどの選手が帰宅した後にチーム施設に入りコンディションコーチのLoren Landowを相手にワークを行った。次戦のKC戦のためにチームは土曜日にDenverを発つがBortlesは遠征には帯同しない。試合は日曜の夜の試合。Bortlesは日曜の朝まで何かあった場合に備え待機。Lock、Rypienに何かあったらプラクティススクワッドから試合当日試合登録のコロナ特例ルールにより、緊急昇格となりKCへ向かうことになっている。


スポンサード・リンク

  1. 2020/12/05(土) 21:34:53|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2253)