broncomaniacのブログ版

21.05.15 WR Hamliton施設外でACL 2人目の給料消滅か

Broncosはすでに怪我人リスト入りしているJa’Wuan Jamesをカット。オフのチームのワークアクティビティでBroncos球団施設外でのワークでアキレス腱断裂。施設外でのワークでの怪我ゆえBroncosは10ミリオンのサラリーを支払う義務は無く、どうするか興味が持たれていた。カットしたことでBroncosは10ミリオンを支払う意思がないと見られている。
NFL選手会はコロナの中、施設でのオフワークには参加しないよう選手に呼びかけていた。それを受けBroncosは選手達が投票を行った。その結果選手会を通じ、Broncos選手は施設内のワークアウト不参加を表明。しかし実際には20人以上の選手は施設入りしワークを行っている。NFL選手会はJamesの怪我の後に、施設外での怪我はサラリーが派生しないと選手に通達を出している。
Jamesは現地金曜夜にTwitterで手術が成功したことを報告するつぶやきと共にNFL選手会には、選手にアドバイスするなら見方についてほしかった、と不満をあらわにしている。
しかし選手会はJamesの怪我後も選手には施設での練習を促すことは無く、逆にNFL、各球団がJamesの怪我を利用し選手を施設入りさせる流れを作ろうとしている、と批判の表明を行っている。球団施設外での練習の怪我でサラリーが派生しない場合、多くのベテラン選手は参加義務のあるミニキャンプ、夏のキャンプまで体作りを行わず、コンディション不良の選手が多くキャンプに集まるのでは、との不安も出ている。
Jamesは選手会がオフのワークアウトのため施設内に入らないよう選手に働きかける前までは球団施設でワークを行っていた。
さらに金曜にはWR DaeSean Hamiltionも靱帯断裂が明らかに。これも施設外のワークアウトでのもの。BroncosはHamiltonをトレード放出すべく、他球団と交渉中であったと地元メディア。Hamiltonも施設外の怪我ゆえ今季サラリー2ミリオンを失う可能性がある。
選手会は今年のドラフト指名の新人にも新人キャンプ不参加を呼びかけているがBroncosのドラフト指名選手、ドラフト外新人の選手全員は心臓手術のJonathon Cooper以外全員キャンプのため施設入りしている。
1順指名のPat Surtainは
「自分は新人。キャンプを不参加していたら何も証明出来ない。ミニキャンプを欠席する予定など一切なかった」と金曜のメディア会見で話していた。

スポンサード・リンク

  1. 2021/05/15(土) 16:56:05|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2283)