broncomaniacのブログ版

21.05.27 今季フルキャパシーズンへ

ロースタームーブデー。
オフの90人ロースターから最初のカットは8月17日。85人に。
8月24日が80人。ファイナルカットが8月31日で53人ロースターに。

今季シーズンはすでに30球団が開幕をフル観客で行う了承を得ている。情報筋によるとBroncosはその30球団には含まれていないという。BroncosとColtsがまだ認証されていない2球団。ただし現時点でまだ、というだけで、NFLのexecutive Peter O’Reillyによると、両球団了承へ向け100%正しい方向で進んでいるという。
Broncosの本拠地Empower Field at Mile Highはこの6月にサッカーマッチが予定。2試合が予定されており2試合は3万2000人が最大観客数で開催されることが決まっている。

NFLと選手会が2022年最大サラリーキャップが208.2ミリオンで合意に達した。
最低キャップに関しては未合意。20年シーズンはコロナのためリーグの収益は大幅にダウン。キャップは20年シーズンの198.2ミリオンから21年の今季は182.5ミリオンと下がることに。しかし今年はすでに30球団が開幕からフル観客での開催の認証をすでにリーグより受けている。大幅増収が見込まれることで大幅増収が見込まれている。
Broncosの22年のロースターサラリーは現在のロースターで計算すると約152ミリオン。55ミリオンものスペースを持っていることになる。もし今年未使用分のロールオーバー分を含めるとさらなる空きが見込まれることになる。
Broncosで21年シーズンを最後に22年にFAになる先発クラスの選手はVon Miller、Kyle Fuller、Melvin Gordon、Bryce Callahan、Kareem Jackson、Tim Patrick、AJ Johnson、Courtland Sutton、Josey Jewell、Malik Reed。Miller~Jacksonまでは大型再契約の可能性は考えられず、あってもリーズナブルな延長契約のみか。以降の選手ではSuttonが今季の活躍次第で契約延長の可能性は高い。ILB2人のJewell、Johnsonのうち1人は残ることになると予想。Millerが退団となるとReedは残留交渉が行われることになるか。
またOLB Bradley Chubbは22年は5年目オプションでのプレイ。延長契約でのプレイになると額も変わる。来年オフは多くの球団がキャップ枠が広がることでかなり金銭的に余裕がある球団が多い。今季オフ、来季のFA市場に出る選手は稼ぐことが出来そうな見込みとなっている。


スポンサード・リンク

  1. 2021/05/27(木) 23:12:46|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2327)