broncomaniacのブログ版

21.09.04 Fant開幕はスロースタートか

先発TE Noah Fantは脚の怪我で2週間以上練習不参加。来週のNY Giantsとの開幕戦の準備ウィークから練習復帰予定。
脚の怪我の詳細は明らかにされていない。怪我の具合がよくてもかなり練習を休んでいたことでAlbert Okwuegbunam、Eric Saubert、さらにFB兼用Andrew Beckの出番が増えることになるかも知れない。プレシーズン最終戦のLA Rams戦は約40%で最低二人のTEがフィールドに入っていた。

7月22日、趣味の自転車サイクリング中に車にはねられ死去した元BroncosコーチGregg Knapp。Broncos球団は自転車好きだったKnappコーチを讃えるとともに地域貢献のため、75台の自転車を貧しい小学生に寄付。現地金曜日、球団施設にコーチ、球団職員が集まり自転車の組み立てを行った。KnappはBroncos在籍時、Gary Kubiak当時ヘッドコーチとこのような慈善活動を行っていたという。
Knappは今季はJetsにパス攻撃スペシャリストコーチとして加入。新人QB Zach Wilsonを教える予定だった。NY Jetsの今季のQBコーチは昨年までBroncosでクオリティコントロールコーチだったRob Calabrese。昨年BroncosのQBがコロナで全滅した時には、大学時代QBだったCalabreseを急遽選手登録して試合に出せるのか、という検討がされて話題になったコーチ。攻撃CのMike LaFleurは今季がNFL初のコーディネーター職。ゆえKnappコーチは経験の浅いJets攻撃コーチ陣の中で大きな助けになるはずだった。しかしキャンプイン直前にサイクリング中に車にはねられ、五日間の昏睡のまま死去。JetsはKnapp死去により、穴埋めとしてKnappとは非常に仲の良い大ベテランのMatt Cavanaughを招聘している。Knappとは1996年にSFでコーチ仲間。以降非常に親しい関係にあったという。
Broncosは今季ホーム開幕戦となる9月26日のJets戦でKnappを称えるセレモニーを予定している。

昨年BroncosでプレイしたDL Jurrell Caseyが引退。昨年シーズンのオフにBroncosがTennessee Titansから7順指名権でトレード獲得。Tenn時代には9年で5回プロボウルに選出されていた。昨年オフのBroncos獲得時には大きな戦力と期待は高かった。しかし上腕二頭筋を傷めわずか3試合の出場で終わった。年が明け今年2月にBroncosはCaseyをカットしていた。
Titansはトレードの放出はしたもののCaseyをTitansの偉大な選手とし、現地木曜、Titans球団施設でCaseyの引退会見。
「トレードをしないでくれとお願いしたんだ。でもされてしまった。ここTennesseeを離れたくなかった。まだ僕はここでやれると証明したかった。でも本当にここに戻れてここで引退出来て嬉しいよ」とCasey。
Caseyは昨年シーズンはロッカールームでは素晴らしい人格者で守備ライン陣の兄貴だった。怪我の間も球団施設には常に訪れ、11月にはコロナリスト入り。怪我をしているためコロナリスト入りも意味ないとは思われたが、本人はチームメイトといたいと、コロナリスト明けには球団施設入り許可の喜びを語っていた。

NFLよりお先にカレッジフットボールは今週開幕。
Colorado州カレッジフットボールで今週の話題は現地金曜日のUniversity of Colorado(UC)とUniversity of Northern Colorado(UNC)の激突。元Broncos同士がヘッドをつとめている。
UCのヘッドコーチはCarl Dorrell。Dorrellは2000~2002年BroncosでWRコーチ。2000年代から長らくNFLでコーチングをしていたが2020年シーズンにUC大ヘッド就任。
UNCのヘッドコーチはEd McCaffrey。McCaffreyはBroncosに95年~2003年在籍。Valor Christian High Schoolヘッドを経て2019年12月にUNC就任もUNCは20年シーズンはコロナで試合出場取りやめ。21年シーズンは同大学およそ2年ぶりの試合となる。ゆえ選手達はほとんど他の学校からの転校生や昨年1年生だったような選手ばかり。多くの選手が同大学の選手として初プレイ。
またUNCの攻撃CはEdの息子Max(2016年Oaklandのドラフト外新人FA、以降あちこち首、契約を繰り返し20年同大スタッフ入り)。さらにQBには息子DylanがMichigan大から転向している。
試合前の予想は圧倒的にDorrellのCU有利。CUは概ね全米ランキング50位あたり。UNCは1部校でもかなりの下の表かでランキング100位まであるランキングでも圏外。CUが37~50ポイント有利というまぁものすごいオッズだった。
さて試合は・・・・。ほぼ予想どおり。CUが35-7でNCUを粉砕。Edの息子Dylanはパス42回で24回成功236ヤード、1TD、1intの成績だった。


スポンサード・リンク

  1. 2021/09/04(土) 22:28:05|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2327)