broncomaniacのブログ版

2021/11/10 ロースタームーブ大量

怪我、コロナ、大量ロースタームーブ。
怪我人続出シーズンのBroncos。2週前からコロナ感染者が出始め毎週頭恒例のロースタームーブもえらいことになってきた。現地火曜日、14人もの選手がNFLのトランシションワイヤーに。
Dallas戦で足首骨折の先発ガードGraham Grasgowを怪我人リストに。プラクティススクワッドの控えガードAustin Schlottmannをロースター昇格。SchlottmannはPS枠から試合当日ロースターで控えとして今季サイドラインにはスタイルして試合の臨んでいた。
3週連続コロナ感染者。2年目で今季先発経験もあるILB Justin Strnad、怪我人リストから今週練習復帰予定だったCB Michael Ojemudiaがコロナ陽性でコロナリストに。2週前にコロナリスト入りしたG Mutiはすでにリストから復帰。先週コロナ陽性のTE Fantはまだ練習復帰していない。当然この月曜にコロナリスト入りしたQB Drew Lockはまだリストのまま。Fantは今週中にクリアするとみられている。
驚きはCB Duke Dawsonのカット。昨年12月に靱帯断裂。PUPリストから練習に復帰し昨日月曜ロースター登録されたばかり。1日で解雇。もしかするとDallas戦で膝を捻挫しPhilly戦の出場が危ぶまれている先発CB Patrick Surtainの出場の目処がだったのか、もしくはDawson同様昨年のACLからPUPリストですでに練習に復帰しているCB Essang Basseyの出場準備が整ったためかもしれない。Dawsonは枠が許されればプラクティススクワッドで再契約か。次戦Philly戦のCB陣は現在健康なのがRonald Darby、Kyle Fullerの2人の先発格。3番手で4年目控え人生のNate Harison。CB Mike Fordはスペシャルチーム専門選手で守備ではほとんどプレイしていない。先発Surtainがプレイ出来るのか、昨年3先発したBassayが戻るのか。
プラクティススクワッドではWE David Moore、先週契約したばかりのCaleb Wilsonをカット。OT Casey Tucker、LB Avery Williamsonと契約。
Tuckerは19年のPhillyのドラフト外新人FA選手。あちこち解雇を繰り返すも最期はPhillyに戻るキャリアを送っており今季もPhillyのPSが多い。WilliamsonはBroncosとは2度目の契約。Tennessee時代には先発経験もある29才。Broncosには10月にPS契約もTennがロースター契約でかっさらうも、また解雇されていた。
TはBolles怪我、Massie怪我と立て続けに先発がダウン。LBは元々へろへろなところにさらに先発経験もある控えLB Strnadがコロナリスト。ゆえ怪我を受けての万一補強。
また今週のプラクティススクワッドの流出阻止選手にILB Curtis Robinson、OT Quinn Bailey、DL Jonathan Harris、WR Seth Williamsを登録。

スポンサード・リンク

  1. 2021/11/10(水) 22:51:26|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2289)