broncomaniacのブログ版

2021/11/20 WR Patrick3年契約延長合意

WR Tim Patrickと3年の延長契約合意。情報筋によると3年30ミリオン(最大34ミリオン)、18.5ミリオンの保証。この火曜に28歳になったPatrickには最高の誕生日プレゼントになった。Patrickは17年が55万ドル、18年が48万ドル、19年が57万ドル、20年が75万ドル、今期は制限ありFAの2ndラウンドテンダー3.3ミリオンの契約だった(額は契約時のもの。カットされて未契約期間もあり、またプラクティススクワッド期間もあるため受け取った額はもっと少ない)。
Utah大出身のPatrickは2017年のBaltimoreのドラフト外新人FA。キャンプ前にカットされSFへ。開幕前にカット、同年10月にBroncosに。Broncosでも同年カット、契約でシーズンエンド。NFLキャリア初年度は3回の解雇。当時GMのJohn Elwayからは、がんばるほどチャンスが広がるから努力を続けろとその後も腐らず出番も限られる中でチーム内の評価を上げてきた。Broncosオフェンスがふん詰まりWRが足りなくなると出番が増える18年と19年でそれぞれ315y、218yの記録を残した。20年は742yレシーブ。今年は10試合で523y。Broncosのパスプレイがあまり伸びない中、またCourtland Sutton、昨年にはJerrdy Jeudyが入りながら怪我することなく懇親的なプレイで目立たないながら裏のエース的な活躍ぶり。グレードサイトのProfootballFocusでは今季マンツーマンカバーされたときのグレードがリーグWRで3位と高評価されている。落球なし、確実なルートラン、サイズをいかしたビッグプレイで何度もオフェンスの窮地を救った苦労人だった。
Patrickの延長契約で興味はWR Suttonと再契約を結ぶのか。元ドラフト2順のSuttonは今期オフにFA。Patrickとの再契約でBroncosはWR Jeudy、Sutton、加えて怪我で今季アウトのKJ Hamlerと先発各を3人来年以降も確保。Suttonがエースとなるチームでプレイしたい、エース待遇のサラリーがほしい、となるとBroncosはどうでるか。現地テレビ局のTroy RenckはBroncosはSuttonとの延長契約も優先事項と考えている、と伝えている。Suttonはドラフト2順ゆえ5年目オプションはない。もしフランチャイズタグ指定すると17ミリオンほどになる。もし来季にAaron Rodgers、Russell Wilsonらの大物QBを獲得に動くとなると、豪華WR陣は大きな餌にはなる。
なおProFootballFoucsのWRグレードでBroncosレシーバー陣はリーグトップクラスの評価を受けており。トータルグレードでSuttonが78.4、Jeudyが72.9、Patrickも72.9、そしてKendal Hintonも71.6と4人以上のレシーバーがグレード70以上の評価。これはNFLでBroncos含め2球団のみ。

今週冒頭の古いニュース。BroncosはPSのG Shaq Calhoun, QB Danny Etlingをカットしている。


スポンサード・リンク

  1. 2021/11/20(土) 15:32:11|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2327)