broncomaniacのブログ版

選手オフのワークで施設入り 

現地11日より今期のオフのワークアウトプログラム開始。
それに先立ち、制限ありFAでBroncosからテンダーオファーを出されていたQB Brett Rypien、S PJ Locke、OLB Malik Reedがサイン。また1年契約で合意となっていたS Kareem Jacksonもサインした。
制限ありFA3人の契約で最も重要な契約となるはReed。ほかの2人はBroncosが独占契約権を持つFA選手でオファーが出された時点で他の球団は契約が出来ない。Reedは他球団がオファーを出すことが出来る制限ありFA。他チームのオファーの締め切りは4月22日だった。オファーが出た場合Broncosもそのオファーにマッチしたオファーで引き留めることは可能ではあるものの、キャップに余裕のないBroncosゆえ他球団には動いてほしくない状況だった。オリジナルテンダー、ラウンドテンダーでないため流出の場合のドラフト権も受け取れないことになっていた。
今季2.4ミリオンでプレイするReedは先発組で練習することになる。新契約のRandy Gregoryは肩の手術を受けオフのワークの大部分はリハビリに当てられる。
Reedはこの2年、Bradley Chubb、Von Millerのどちらかが怪我をしている期間が長かったため26試合に先発。13サックを上げている。
Lockeは過去2年、80%のスペシャルチームでプレイ。セーフティーとしても守備機会を与えられていた。
Reedは2.4ミリオン、Rypienは約96万、Rypienは約90万ドルで今季プレイする。

オフのワークのために施設に集まったBroncos選手。月曜はフィジカルテストと簡単なワークのみ。リアルなウェイトやコンディショニングトレーニングは火曜日から。

2年目のシーズンを迎えるG Quinn Meinerz。ウィスコンシン生まれのウィスコンシン育ちだけあり子供の頃のアイドルはBrett Favre 。FavreにあこがれQBをプレイしたかったが残念ながら体重増加が止まらず高校では早くも300パウンド級にまで成長。攻撃ラインと守備ラインをプレイ。

スポンサード・リンク

  1. 2022/04/12(火) 21:43:31|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2288)