broncomaniacのブログ版

キャンプ5日目 Hamler PUPリスト外れる

ACL、臀部の手術のリハビリでPUPリスト入りのWR KJ Hamlerがリストから外れロースター復帰。昨年9月以来の練習復帰。開幕戦からの出場を目指す。
Hamlerは怪我の状態だけではなく精神的にも厳しい状況に陥り鬱状態になっていたという。愛する祖母も失い、
「精神的に辛かった。ただ家族や自分が信じる人たちの助けで今ここのいる。まだこのチームにいられることは本当に幸運だ。そして家族がいることが。それが大きな助けになっている」とHamler。繭の中にこもっているような感じですべてをブロックしてしまう状況が続いていたという。フットボール選手は強い男であること、という考えは間違えで、自分は今後は経験を踏まえ、同じ怪我をした選手や、状況になった選手を助けたいと話している。
「誰かに助けを求めることが大事なんだ。僕はその助けになるよ」とHamler。
Broncosでは2010年に二年目のWR Kenny McKinleyが自殺。前年に膝を痛めシーズンエンド、その後に鬱となり翌年9月に自殺。Broncosはその後、NFLでは珍しい、フルタイムの精神科医を雇い、球団内部にメンタルチームを創設している。

Dre’Mont Jonesが大きな注目を集めている。Ejiro Evero守備Cは昨年までLA Ramsの守備コーチ。JonesはRamsのAaron Donaldのポジションの3テクニックの位置に入っている。
「彼のような偉大な選手と同じ位置にラインアップするというのは興奮するよ。でも彼のプレイが簡単にできるなんてことは思っていないけど」とJones。
Jonesは新しい位置からインサイドラッシャーとしてラッシュする機会が増えるためキャリアハイの年6.5サックを記録するチャンス。
「そういう声は嬉しいよ。自分はスタッツ好きだしね。その意見は実際自分でも感じていることなんだ。もちろん記録だけが重要ではないけどね。でも数字はついてくると思う。自分がこの位置からラインを破壊することが出来ればね」とJones。

キャンプ練習4日目までRGで先発スナップを分けあっていたNetane MutiとQuinn Meinerz。日曜の練習オフ明けの月曜の練習では先発スナップはMeinerzが独占した。日曜のコーチのフィルムスタディでMutiより高評価を得たか。

月曜の練習は攻撃が不振。Russell Wilsonがたまらずオフェンスメンバーを集め檄を入れる場面も。
練習後半に攻撃が盛り返すも厳しい一日だった。
守備ではCB Pat Surtainが完全にChamp Baileyモード。Surtainのいる場所の空中戦はほとんどシャットダウンされているためなかなか攻撃は大変。控えセーフティーのCaden Sternsも良い動きを見せ続けている。

現地火曜は今キャンプ初めてのフルパッド練習を行う。


スポンサード・リンク

  1. 2022/08/02(火) 21:14:08|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2327)