broncomaniacのブログ版

Gregory怪我人リスト入り 最低4試合欠場

Denvscolts20222nd

現地火曜、Indy戦に向けた練習の参加状況。
RB Javonte WilliamsとOLB Randy Gregoryは怪我人リスト入りしたため上記に名前はない。WilliamsはACLでシーズンエンド。Gregoryは短期怪我人リストで最低4試合欠場。ほかDNPの不参加表記の選手は全員欠場見込み。
RBではWilliams不在。Justin Outten攻撃CはメインバックがGordonで控えでBooneと現地火曜に話している。Melvin Gordonに頼ることになる。Gordonへの不安はランが出る出ないの不安ではなく、4試合で4ファンブルというボールセキュリティ問題。昨年も痛いところで何度もファンブル。本人もファンブルにならないようエキストラワークを行っている・・・と言い続けながらファンブルをし続けている。BroncosはGordon+BooneをメインにIndy戦を戦う。
契約したばかりのRB Latavius MurrayのIndy戦の出場は現地火曜の時点で不明。MurrayはNO SaintsのPS枠からロースター契約した選手。日曜の試合はロンドン遠征の海外試合だった。Murrayはニューオーリング時間の日曜深夜26時にNOの空港に到着。午前中はNOの施設内に滞在。代理人から連絡があり、今後の可能性に関して話をしたという。午後はホテルでリラックス、Broncosのオファーにちゅうちょせずとびつき夜の便でDenverへ。深夜にDenverへ到着したという。木曜の試合の出場に関しては
「全ての可能性があると思う。今は自分でもどういうプランで進むのかはわからない」と話している。
Gregoryの怪我人リスト入りでパスラッシャーにも不安が。Baron Browningが先発、そして今年のドラフト2順指名でここまでほとんどプレイしていない新人Nik Bonittoがついに投入、そしてプラクティススクワッドにいるJonathan Kongboの試合日ロースター登録も可能性が。
Bradley ChubbはGregoryの穴埋めに関し
「BaronやKongbo、Nikがいれば、自分自身が(Gregory)の穴埋めのため必死になる必要がないとわかっている。我々は個人ではなくユニットそのものを“The Playmakers”と呼んでいる。今後もそうであることを続けるだけだ」と話し、3人のステップアップに期待。Kongboは26才。NFLではプレシーズン以外の出場経験がない。カナダのCFLの決勝のグレイカップで2019、2021にプレイ。CFL終了後、NFLの夢をもとめてNFL挑戦を繰り返している選手。

LV戦で肩を痛めたQB Wilson。本人は問題ないと話している。痛めたのは試合の序盤。肩の影響もなく最後までプレイしていた。

Indy攻撃最大の武器、RB Jonathan Taylorが日曜のTenn戦で足首を痛めている。今週の練習はこれまでの2日間不参加。木曜の出場はまだ不明。木曜までの回復次第となっている。LB Shaquille Leonardも脳震盪などで2日連続練習休み。

LV戦のBroncos選手のProFootballFocusのトップグレード
Patrick Surtain II - 81.6
Russell Wilson - 80.3
Graham Glasgow - 75.3
Randy Gregory - 73.6
Bradley Chubb - 71.4

スポンサード・リンク

  1. 2022/10/05(水) 22:31:29|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2327)