broncomaniacのブログ版

LV戦でKubiakが攻撃プレイコールを担当

Hackettヘッドがプレイコールを自身の手からKlint Kubiakにハンドオフ。
情報筋によると、LV戦ではQBコーチ兼パッシングプレイコーディネーターのKubiakコーチが攻撃のプレイコールを行うという。今週の練習ではずっとKubiakがコールを出していたという。ということはHackettヘッドは先週のTenn戦での攻撃不振の後にすでにKubiakコーチにと判断をしていたことになる。KubiakはGary Kubiakの息子で35才。Minnesota Vikingsで父Gary引退後攻撃プレイのコールを行っていた。
HackettヘッドはGary Kubiakの師匠、Mike Shanahanの息子Kyle Shanahan系列のウエストコーストオフェンスを学んでいた。ただしBroncosではまったく結果が出ず、アンダーセンターよりショットガンからのプレイが多く、ウエストコーストの香りゼロオフェンスを展開していた。ただQBのRussell Wilsonは背が低いため、アンダーセンターだと相手守備が見えづらいという懸念も。
なにはともわれ、LV戦。Broncosファンには非常に興味深い試合となった。
LV側からすると、Hackettヘッドのプレイコールで準備をしていたところ、突然のKubiakのプレコール。どう対応するのか。

Broncosは日曜のLV戦に向けてプラクティススクワッドからOT Quinn Baileyを53人ロースター昇格。ILB Jonas Griffithが怪我人リスト入り。
Grifftith不在でILB Josey Jewell、Alex Singleton先発、控えとしてPSからHarvey Langiを試合日ロースター登録。
加えてWR Jeudyの欠場のためWR Brandon Johnsonを試合日ロースター登録。
Baileyは先週も試合登録されてBilly Tnrnerが膝を痛めて退いた後にプレイ。
ILB Langihaは2017 年のNE Patriotsのドラフト外新人FA。NEとNY Jetsでカット、契約を繰り返しているものの2019~2020年の2シーズンで9先発。キャリア通算10先発経験がある。今年はNEのプラクティススクワッド、2試合に出場登録。10月にNEを解雇されBroncosが契約していた。
WR Johnsonは期待のWR。キャンプ、プレシーズンで活躍。プレシーズン最終戦で怪我をしていた。


スポンサード・リンク

  1. 2022/11/20(日) 23:51:32|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2253)