broncomaniacのブログ版

2023年シーズンへ始動!

Hackettヘッド解任の翌日の現地火曜日、Broncos球団施設でGreg Penner CEOとGeorge Paton GMが会見を行った。
ともにファンに期待通りのシーズンにならなかったことを謝罪。ただしオーナーグループにとって、Hackettヘッドは自分たちが招いたヘッドではない。Hackettヘッド就任後に新オーナー体制となった。現在のオーナーグループにとって、Hackettヘッドは自分たちとは関係ない人事。2023年がPenner CEOやWalton一家の新オーナー体制フルの初年度となる。
今年は現場リポートはHackettヘッドから現場責任者のPaton GMに伝えられていた。来季からはNFLのほとんどの球団と同じ、ヘッドからPenner CEOにレポートが伝えられる。
次のヘッドサーチはPennerが主導。Patonは補佐に回る。またスタンフォード大学でコーチ人事のメンバーだったCondoleezza Riceもサーチメンバーに加わる。多くの事柄が、来季からはPaton GM主導ではなく、オーナー側主導という形になる。
Penner CEOは
「Georgeとはたくさん会話を持っている。我々が球団を買収してから毎日ね。彼の能力は信頼している。我々に変化をもたらすことができると彼を信頼している」と話している。
昨年のヘッドコーチサーチはBroncosは他球団とは違うアプローチだった。コロナということもありZOOMによるジョブインタビューが主流となった21年シーズンオフのヘッドサーチ。とくに1回目のインタビューは他球団はZOOMによるリモート開催がほとんどだった。反してPaton GMらBroncos一行はジョブインタビュー1周り目から10人の候補にあうため、全米を大移動。
その一方二回りのインタビューには手を広げず、そうそうにHackettヘッドに決定してしまった。
「もっと多くの範囲をみてたくさんの候補と話をすべきだったと思う。もちろん当時はこれが正しいやり方と思っていたし、良い決断とは思っていたんだけど」とPaton GM。
新しいヘッドコーチには強いリーダを求めるとPenner CEO。
新ヘッドサーチはRussell Wilsonを復活させるための人事ではなく、チーム全体の人事とPaton GM。BroncosはWilsonの今季の不調はシステム的なものではなく、またWilsonが衰えたとも思っていない。ただ今年は活躍出来なかったと楽観的。
「正しい方向に向かえば我々はすぐに勝つことが出来るチームになると信じている。数年かける再建期はない。来年すぐに勝つことが出来るチームを作ることに集中する」とPenner CEO。
BroncosはVance Josephe、Vic Fangio、そしてHackettと新人ヘッドが三大続いたためヘッド経験者を雇うのではと見られているが
「経験があればそれは助けになるだろう。しかしそれは絶対にそれが必要ということではない。ヘッドサーチには大きな枠を持って行う。経験を重要視しすぎて自分達で選択の枠を狭めたくはない」とPaton GM。
新ヘッド候補の名前はメディアからは噂、予想では多く出ているが、チーム関係者からは一人しか出ていない。
「まずEjiro Everoにはヘッドジョブ候補のインタビューを行いたい」とPaton GM。
ヘッドサーチ開始前にすでに来年に向けて動き出している。Broncosは今季怪我人だらけ。
今年に限らず
「ここ6年で4人のヘッドコーチの下でずっと怪我で苦しんできた。怪我を招くと避けていた練習をもっとハードにするほうがいいのかもしれない。とにかくまず怪我の多さをなんとかしなくてはいけない。トレーニング方法や栄養に関しても」とPaton GM。
Penner CEOは
「一ヶ月前に我々はNFLのチーフドクターの医師を訪れるなどし我々のプログラムを外部から見てもらっている。我々は新しいヘッドコーチを待つことなく、必要な変化を探している」と話している。

オッズメーカーbet onlineが出したBroncos新ヘッド候補のオッズ
+400 Sean Payton 20%
+500 Dan Quinn 16.7%
+600 Jim Caldwell 14.3%
+700 Shane Steichen 12.5%
+800 DeMeco Ryans 11.1%
+900 Eric Bieniemy 10%
+900 Frank Reich 10%
+1000 Kellen Moore 9.1%
ここにはMichigan大ヘッドJim Harbaughの名前はない。Michigan大は12月31日のフェスタボウルに試合を行う予定。

LA Rams戦での喧嘩騒動で1試合の出場停止処分をリーグから受けていたOLB Randy Gregory。相手のRamsのOL Oday Aboushiも出場停止処分だった。不服とリーグに審理見直し要求をしていたが、認められ出場停止処分は取り消し。Gregoryは罰金5万ドル、Aboushiは罰金1万2千ドルとなった。

BroncosはCB Michael Ojemudiaをカット。さらにPS枠のRB Devine Ozigboもカット。DB Delonte Hood、TE Dalton KeeneとPS契約。

スポンサード・リンク

  1. 2022/12/28(水) 22:16:43|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2289)