broncomaniacのブログ版

Paytonヘッド 話す

NFLオーナー会議がArizona Biltmore resortで開催中。AFCヘッドコーチ朝食会でSean Paytonがいろいろ情報を話してくれた。
ファンはプレシーズンから少し楽しみに。Hackett前ヘッドは先発組はほとんどプレシーズンゲームでプレイさせずだった。Payton新ヘッドは先発組もプレイと発言。近年のプレシーズンでは各チームどんどん先発組のプレイが減る、なかにはまったくプレイさせない球団も増えてきていた。昨年BroncosもHackett前ヘッドのもと先発組はお休みだった。しかし開幕後からエンジンが入らず、プレシーズンでプレイしないことで怪我が多くなっているのでは?などいろいろ不発。ただシーズン後半も不発ゆえ、Hackett時代の昨年に関してはプレシーズンでのプレイ云々は関係あったのか、なかったのか。
またプレシーズン先発不出場同様、リーグで広まっているパッドつきタックル練習の減少傾向。とにかく開幕まで怪我をしない方向へという流行になっているがPaytonヘッドは
「我々はタックリングフットボールをプレイする。練習でもタックルをしないとならない」と話し、選手にとっては厳しい夏のキャンプになりそう。
Paytonヘッドは昨年の守備に関しては賞賛。しかし昨年の攻撃とスペシャルチームは試合フィルムを見るのが厳しかったと話している。
Paytonヘッドはスペシャルチームが稼ぐ、隠れたゲインヤードはチームがあげる得点と同じくらいの価値があると話し、スペシャルチームの大改造を強調した。
Russell Wilsonの攻撃には
「彼は動けて、ハードワーク。彼のような選手はなかなかいない。しかしシーズン5勝だったということはね。良くなかったと言うことだ。攻撃は間違いなく悪かった。」とPaytonヘッド。
攻撃ライン大補強の中、センターが不安視されていたが
「彼が我々の先発センターと考えている」 とPaytonヘッド。
Lloyd Cushenberryが先発センターと考えていると発言。Cushenberryは2020年のドラフト3巡指名。新人時から先発センターで昨年はシーズン途中に足の付け根を痛めシーズン後半は怪我人リスト。ただし怪我が癒えた後もBroncosは怪我人リストから復帰させずそのままシーズン終了。もしHackett政権のままだとCushenberryは先発失格と判断されたのではとも見られていた。
昨年の守備陣に対しては批判すらなかった。
「チームの攻撃ボール保有時間、フィールドポジション。他のユニットのヘルプなしには素晴らしい守備をすることなんで普通は出来ないが、守備は良いプレイを見せてくれた。スペシャルチーム、攻撃チームの批判をしているように聞こえるかもしれないが、まぁそう言ってるんだけどね」とPaytonヘッド。
先週伝えたBroncosのオフシーズンの練習スケジュール。参加義務のないミニキャンプは4月24日~26日と伝えたがPaytonヘッドは
「それはうちのスケジュールじゃない。NFLが出したスケジュールだ」と話した。4月はウェイト、身体トレなどに費やすとPaytonヘッド。
昨年ACLのJavonte Williamsの復帰時期はまだタイムテーブルはないといPaytonヘッド。「Javonte は順調に回復しているが、いつ復帰かとなるとまだ当分判断は出来ない。Samaje (Perine)が先発となる可能性もあるかもしれない。彼は3ダウンプレイヤーだし素晴らしいハンドを持っている。パスプロもうまい。Latavius (Murray)も評価している。彼との契約がどうなるか」とPaytonヘッド。昨年シーズン途中に契約し大活躍のLatavius Murray。FAとなっているが、まだBroncosとの再契約の可能性がある模様。

スポンサード・リンク

  1. 2023/03/28(火) 23:47:25|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2253)