broncomaniacのブログ版

2年目Bonittoブレイクか?

有料コンテンツばっかりなので、最近ほとんど引用していないNFLの選手グレードサイトPro Football Focus。
次から現地で試合空け、休みがない時に使えるものないかなと、なにげに普段あんまりみていないESPNのNFLコーナーをみてみたらあった。パスプロ勝利、ランブロ勝利、パスラッシュ勝利、ランストップ勝利のランク。
勝利の目安はパスラッシュ、パスブロックで2.5秒。2.5秒持てばパスプロ勝利、パスラッシュ敗戦という感じ。2.5秒以内にぶちぬけばパスプロ敗戦、パスラッシュ勝利というもの。
2試合を終えてなんとBroncosの2年目のNik Bonnitoがエッジパスラッシュ勝率29%でエッジパスラッシャーリーグ6位!。一位はDallasのMicah Parsonsの36%。
これは嬉しいけれど今週末対戦するMiamiはJaelan Phillipsがパスラッシュ勝率27%で8位。Bradley Chubbが勝率26%で11位。BroncosはBonitoのみがトップ20以内だった。DTのインサイドラッシュはBroncos、Miamiの選手はともに20位内にランクインした選手はなし。
逆にパスラッシュからQBを守るパスブロック勝率ではOT部門で復活のLT Garett Bollesが勝率95%でリーグ7位。
インサイドOL、ガードとセンターのパスブロック勝率ではセンターCushenberryがパスプロ勝率100%で4人いるパーフェクトブロックの1人となっていた。
チーム全体ではBroncosのパスラッシュ勝率はリーグ27位、ランストップ勝率24位と守備側は駄目駄目。攻撃側はパスブロック勝率リーグ4位、ランブロック勝率リーグ7位と良い数字。Washington戦でめちゃくちゃサックされたけど一応上記のようになっていた。ほかそのランキング全部みたい人はこちらをどうぞ
ESPN勝率ランク


Russell Wilsonがパス4万ヤード、ラン5000ヤードを獲得した初のNFL選手になった。現在ランは5023ヤード。QBのラントップはMichael Vickの6109ヤード、二位がCam New Tonの5628ヤード。Lamar Jacksonが現在4529ヤードなので怪我がなければVick超えは問題なさそう。ただVickはパス22467ヤード、Newtonは32382ヤード、Jacksonは 12615ヤード。
パスを4万ヤード以上投げ、ランが多いQBとなると、Aaron Rodgersがパス59055ヤード、ラン3466ヤード。
Frank Tarkentonはパス47003ヤード、ラン3674ヤード。
John Elwayはパス51475ヤード、ラン3407ヤード。


スポンサード・リンク

  1. 2023/09/21(木) 00:25:52|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2327)