broncomaniacのブログ版

Houston戦向練習開始 Jeudy不参加

現地水曜日、Houston Texans戦に向けた練習開始。
練習不参加はハムストリングでWR Jerry Jeudy。Paytonヘッドは日曜の試合はプレイするだろうと話している。
またハムストリングを痛め怪我人リスト入りしていたWR Brandon Johnsonがリストから外れ21日間のロースターカウント免除期間に。現在Kareem Jacksonの制裁処分でロースター枠が開いている状況。もしJohnsonがHouston戦でプレイ出来る場合、誰も解雇せずにロースター登録、出場が可能。Johnsonは今季8キャッチ122ヤード、3TDの成績。
現在のルールでは1シーズン8人まで怪我人リスト選手が復帰可能。まだBroncosは Greg Dulcich、P.J. Lockeと2人しか使っていない。Dulはその後またも怪我人リストに戻っている。

Pro Football Focus、X(旧Twitter)で公開されたBroncos選手のグレード。
Quinn Meinerz: 86.8 run-blocking grade since week 8
1st among all guards

Lloyd Cushenberry III: 99.1 pass-blocking efficiency rating since week 7
1st among all Centers

Russell Wilson while under pressure this season
57/101
680 yards
10 TDs / 1 INT

次戦対戦相手のTexans。ドラフト1順ルーキーQB C.J. Stroudが大活躍。今季すでに3266ヤードのパスを投げ19TD、5インターセプト。現在4試合連続で300ヤード以上のパスを投げている。シーズン通算レイティングも100超え。
P.J. Lockeは
「試合フィルムを見ると新人とは思えない。彼は信じられないパスを投げている。スクランブルしてプレイを広げている。彼はスクランブルでゲインしようとしているわけではなく、プレイを広げようとしている。プレッシャーを感じてもポケットから出てパスを決めている。どんなスローでも出来る。彼との対戦は守備的には大変なことになると思う」と話している
StroudはOhio State出身。Jonathon CooperとBarron Browningも同大学出身でBroncosの2021年入団。Stroudとは2020年に同大でチームメイト。Stroudは2020年はJustin Fieldsの控えで攻撃参加スナップわずか1(ただし48ヤードTDパスヒット)だった。CooperはChicago戦で大学の元チームメイトのQB Justin Fieldsのファンブルしたボールを拾い上げリターンTDを記録している。次はStroudとの対戦。
Cooperは
「僕は常に彼の能力を信じていた。彼を批判する専門家のことなどまったく理解出来ない。だからこそ次の試合はA評価試合をやらないといけない」と話している。

Houston Texansに所属している元Broncosは・・・
FBで長らくBroncosでブロッカーとして活躍してくれたAndrew Beck、控えQBでCase Keenum、Broncosでは期待外れに終わったRB Mike Boone、さらにTE Eric Saubertらがいる。
コーチではヘッドのDeMeco Ryansは今季Broncosの新ヘッド候補にもなっていた。攻撃CはBobby Slowik。Mike Shanahanヘッド時代にBroncosの守備CをつとめていたBob Slowikの息子。Houston加入前はKyle ShanahanのSFで6年間修行。

スポンサード・リンク

  1. 2023/12/01(金) 00:20:41|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2253)