broncomaniacのブログ版

Wilson契約見直し交渉があったらしい

QB Russell Wilson先発降格。
Paytonヘッドは理由の第一はあくまでも勝つためと話している。
Wilsonは2024年は39ミリオンの支払いが確定している。2025年は3月17日にロースターにいれば39ミリオン確定。怪我をして身体テスト不合格でも怪我人は解雇出来ないため39ミリオンが確定する。Paytonヘッドは契約の怪我人条項に関しては、
「それが降格第一の原因ならなぜ2週間前、3週間間ではなく今のなのか」と話し、あくまでも攻撃改善のためと話している。
Denver地元メディアのMike Klisは情報筋の話として、PaytonヘッドはWilsonの契約関係なく、たとえベテランミニマムの額がったとしても先発を降格させていた、と伝えている。Wilsonは控えとしてサイドラインに入るとPaytonヘッド。本当に怪我条項だけが理由なら試合登録から外すことになる。昨年のLV RaidersはQB Carrを同じように残り2試合で先発降格。控えとしてサイドラインにはおかなかった。
PaytonヘッドとWilsonは今季始まってからもけして信頼のある関係には見えなかった。もともとPaytonヘッドはプレイの過程、餌まき、誘いなど積み重ねの中でドライブを続けるオフェンス。かたやWilsonは崩れた状況、アドリブポケット外に出てからレシーバーを探すというそれまでのプレイ過程は一切関係ないその場、場当たりプレイの達人。シーズン開幕からプレイの伝達が遅いWilsonにはいらつきを見せ、Detroit戦ではサイドラインでWilsonを激しい口調で詰め寄る姿がテレビカメラにとらえられていた。実際のところLA Chargers戦でもテレビカメラには映らなかったが、同じようにPaytonヘッドはWilsonに怒鳴る姿があった。Wilsonは11月の連勝中にはすでにBroncosから信頼を失っていることを知っていた。
Denver地元局の Troy RenckはBroncosはWilsonに契約見直しを求めたがWilsonは拒否と伝えている。XでインサイダーJordan Schultzが状況を詳細に説明。このSchultzの説明をRenckも自身情報筋で正しいと確認を取っているとXでつぶやいている。
地元メディアRenckお墨付きのSchultzの詳細によると
Broncosは10月29日のKC戦勝利後の2日後にWilsonサイドに見直し契約を求めたという。2025年の怪我人補償条項の撤回を求め、もし従わない場合は控え降格となると伝え、Wilsonはこの提案にショックを受けたという。BroncosはWilsonには2024年はBroncosで、ただし2024年のサラリーはあるものの先発確約ではなく他のQBとの先発争い、そして2025年の保証サラリーなしをで。Broncos側とWilsonの代理人、NFL選手会の人物も含め交渉は数週間行われたが不発。交渉不発もBroncosはその後もWilsonを控えにせず、もしくはインサイダーの知らない中で交渉は続いていたのか。しかし今回の先発降格ですべては破談に終わったことになる。

現地水曜日、新先発QB StidhamでLAC戦へ向けた練習開始。
OLB Browning、WR Suttonの2人が脳震盪で欠席。TE Dulはハムストリング、足。RB Perineが休息、で欠席。OLB Bonittoはlimitedで練習参加。

Wilson降格で控えのJarrett Stidhamが先発する。5年目でNFLでは先発わずか2。今季オフに2年10ミリオンで契約。
Paytonヘッドは現地水曜日に、Stidhamに関し
「彼は判断が良く、正確。サイズがありながらも(6-3、215パウンド)機動力がある。昨年守備の良いSF戦、KC戦でのプレイを見て、今年オフの契約を決めた」と話している。
Stidhamの妻と父、つまり岐阜はWashington Commandersの実質CEO Tad Brown。
大学はAuburn。NEのドラフト5順指名選手。

スポンサード・リンク

  1. 2023/12/28(木) 12:00:16|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2289)