broncomaniacのブログ版

DLコーチ移籍 Payton話す

コーチ流出2人目。DLコーチのMarcus DixonがMinnesota Vikingsに同職で移籍。
DBコーチのChristian Parkerに続いて2人目のオフのコーチ流出。
しかも昇格移籍ということではなく、チームは移籍をブロック出来たが2人のコーチにはブロックせず。Broncosは昨年離脱したEvero守備CがCarolina移籍の際、上記2人のコーチの移籍をブロックしていた。若い2人のコーチには良いチャンスと見送ったのか。もしくは今年は移籍を許したとたということは、他の方向性、他のコーチへチームが傾いていた、ということか。

Sean Paytonヘッドがスーパーボウルウィークの間にKay Damsの番組に出演。週明けの現地月曜からドラフトミーティングが開始。Paytonヘッドはドラフト候補の新人選手には今のところまったく知識なし、ジャージー番号もしらないと話した。QBをドラフトで取るのか、FAで取るのか、もしくは現在のチームにいるQBでいくのか、その判断はまずそれほど時間がかからず下されるとPaytonヘッド。Broncosはトレードアップ、トレードダウンするなどのメディアからいろいろBroncosのドラフトの噂は出ているが、ドラフトに関することはすべては月曜から始まるとPaytonヘッド。
FA選手評価はすでに開始しているという。
Jim RomeのショーではPaytonは求めるQBに関して
「私は、QBは素早い判断力が重要だと思う。Drew BreesやPat Mahomesらはそれらが彼らの強みになっている。クイックプロセスが出来るQBは6秒、7秒でプレイをオペレートすることが出来る。これらの能力を持つ選手を評価、見つけるのはコーチにとってもとても難しいことだ」と話している。
QBはスナップ前に、相手守備のMLBを確認し、WRにモーションの指示を出し、RBにはチェックダウンの指示を出し、たとえばKelceにはカバーゼロの注意を促す。てを指示してセットしてスナップをセンターに出させる。これがすべて数秒で出来ないといけないというPaytonヘッド。

2024年で契約が切れるLT Garrett Bolles。もしかしてキャップ対策でカットされることも予想されている。Bollesは今後もBroncosでのプレイを望んでいる。
BollesはNFL授賞式にスーツで登場。
「自分はRussが大好きだ。今後も彼とは連絡を取り合うだろう。しかし僕の仕事は誰であれ、QBを守ること。コーチPaytonはやりたいようにやるだろう。Paton GMやPennerオーナーグループも組織にための助けとなる必要なことはすべてやるだろう。そして僕も誰が僕の後ろにいても守り抜くことをするだけだ」とBolles。
ILB Alex Singletonは来年のQBに関しては現在のところどうでもいいようで、心配なのは相棒ILB Josey Jewll。FAのJewellが2024年にまた相棒として戻ってくるのか、そうでないなら誰がSingletonの相棒ILBになるのか。そちらが今のところ1番の心配事で、それが判明したらQBのことを考えたいとSingleton。

スポンサード・リンク

  1. 2024/02/10(土) 23:48:52|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2288)