broncomaniacのブログ版

ILB Griffithと再契約

BroncosはILB Jonas Griffithと1年98万5千ドルで再契約。Griffithは今オフExclusive-Rights Free Agent、Broncosが契約独占権があるFA選手だった。Broncosには2021年にSFからトレードで入団。2022年は先発ILB、11月に怪我。2023年も8月にACLで全休。
Broncos先発ILBは契約下にAlex Singleton、FAとなるのがJosey Jewell、Justin Strnad。ILBはBroncos守備の中では強化が必要とみられており、注目のポジション。Griffithは層という点では悪くない再契約。先発としてJewellと再契約するのか、FA補強へ向かうのか。ドラフトか。

BroncosはNOの攻撃CだったPete Carmichaelをシニア攻撃アシスタントで雇用と発表。またPhillyに移籍したDBコーチChrsitan Parkerの後釜としてJim Leonhardを守備バックコーチ兼パス守備コーディネーターとして雇用と発表。Leonhardはドイツ系の名前でLion Heart、Lion Braveの英語に相当する意味を持つカッコイイ名前。

スーパーボウルでLV RaidersのホームスタアムでKC Chiefsが優勝。優勝トロフィーのロンバルディートロフィーを壇上に運ぶ役目でJohn Elwayが登場。Broncosファンからはなんたる悲しい風景とXではお嘆きの声が。壇上でElwayはMahomesやKelceと笑顔で話をするシーンも見られた。
元Denver Postライターで現在リーグ最強インサイダーのAdam SchefterのSporifyでのネットラジオにJohn Elwayが登場。
SchefterにRaidersのホームでChiefsのためにトロフィーを運ぶ役割だったことに関して問われ
「Raidersのホームに関しては何も思わなかったけど、友人であるJohn LynchやKyle Shanahanの49ersに渡せればとは思ったよ。でもKCも素晴らしいプレイで、後半の逆転は素晴らしかった。Patrick Mahomesも前半の不調から復活したしね。彼は素晴らしい選手で歴代でも最高のQBの1人。彼がトロフィーを受け取ることを見るのは楽しかったよ。彼が僕を失望させることはまったくない。必要なフィジカルツールを全て持っている。判断力もある。動けるアスリートで誰にも負けない競争心を持っている。Patrick の最大の点はAndy Reedというコーチがいること。AndyはPatrickのベストが出せる、正しい状況を作っている」とElway。
Elwayは現在もカービジネス、レストラン経営やしょっちゅうゴルフで忙しくてしているという。またもすぐ10人目の孫が生まれるということで良い人生を送っているとElway。

スポンサード・リンク

  1. 2024/02/15(木) 20:57:37|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2288)