broncomaniacのブログ版

18.10.20 怪我人他

Arizona戦で大差での勝利にかかわらず先発組が最後までプレイ。
試合翌日の会見でJosephヘッドは
「最後がぐだぐだで終わりたくなかった。素晴らしいプランは成功し、素晴らしいプレイが続いていた。Isaac (Yiadom)が最後にプレイしたがあれはTramaine Brockが軽く傷んで、Chris Harrisは疲労していたからだ。試合後半にたくさんの控え組を入れて終わらせることにはあまり私はいいことだと思っていない。試合を最後まで勢いをもって終わらせたいんだ」と説明。

Josephヘッドが怪我人情報をまとめて発表。
Arizona戦欠場組で、Adam Jonesは次週KC戦に復帰予定。Jared Veldheer、Shane RayはKC戦で試合復帰に近いとJosephヘッド。
Arizona戦で新たに怪我を負った組ではRB Freemanの足首は日々様子見。KC戦の出場が出来れば・・と期待を持っているとした。
MCL捻挫のDaeSean Hamiltonも日々様子見。
首を痛めたDarian Stewart。こちらは心配。なんと3試合連続で首を痛めているという。今後は様子を見るとJosephヘッド。首だけに痛みがなくなれば大丈夫というわけにはいかず、しかも3週連続となると今後の出場にも不安が。
LA Rams戦でアキレス腱を断裂したRon Leary。Arizona戦がショートウィークだったためロースタームーブは行われなかった。今後選手の補強に関してJohn Elwayと話し合いを持って決めるとJosephヘッド。

Arizona戦で2サックのVon Millerは今季合計7.5サックとなり現在のところリーグサックリーダー。新人Bradley Chubも6.5サックとなりリーグ4位タイ。

Arizonaとのサーズデーナイト。喜んでいるのはBroncosファンだけ。Arizonaファンは悲しみ、またテレビ関係者も大落胆。そもそも対戦前からこのマッチアップを盛り上げることは難しかった。1勝5敗のArizona、2勝4敗のBroncos。そして試合が始まればあっという間の大差時代。FOX局とNFL Networkによりテレビ中継されたが二つ合わせて視聴率6.6%。前週のPhillyとNYGiantsの対戦は10%超えで比べると39%のドロップだったという。前週の視聴者数は1322万人。Broncos戦はわずか910万人だった。
NFLプライムゲームとしては例を見ない低視聴率でこれまで最低の2008年のSeattle 対 Buccaneersのサンデーナイトゲームをはるかに下回るものだったという。
しかし910万人とはいえ、おなじ木曜に行われていた他のスポーツと比べるとはるかに多い視聴数。MLBのRed Sox対Astros は650万人、NBAのLakers対Trail Blazersは330万人だった。

スポンサード・リンク

  1. 2018/10/20(土) 23:48:42|
  2. 未分類

スポンサード・リンク

2023 スケジュール

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

カウンター

プロフィール

broncomaniac

Author:broncomaniac
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

未分類 (2283)